中国・四川航空がヤンゴン~成都便を就航

【観光】 2019405

 中国の四川航空(Sichuan Airlines)が3月28日、ヤンゴン~成都便を就航した。7Day Daily紙がに伝えた。

 四川航空は定員189人のエアバスA321-211を使用し、月曜日と木曜日の週2便を運航する。同航空会社は2018年にヤンゴン~西安便を就航させている。

 ホテル・観光省の統計によると、2018年10月に開始された観光ビザの緩和により、中国人観光客が40%、日本人観光客が3%、韓国人観光客が10%増加しているという。

center_bn_premium

最新記事一覧