ミャンマー中央銀行、日本円を決済通貨として許可

【国際】【経済】 2019206

 ミャンマー中央銀行は1月30日、日本円と中国人民元を決済通貨として許可すると発表した。国営新聞「Myanma Alinn」が伝えたもので、今回の発表により外貨の公認取引業者(Authorized Dealer)のライセンスを取得している民間銀行は、銀行間での決済を円建てや中国人民元で実施できるようになる。

 輸出業者のセイン・マウン氏は「中央銀行の発表を歓迎する。これまで、貿易取引の際は米ドルに依存していたが、日本円や中国人民元が取引の決済に使用できるとなれば、貿易が非常にやりやすくなる」とコメントした。

 中央銀行は、米ドル、ユーロ、シンガポールドルの3通貨についてはミャンマー国内での現金両替も認可しているが、今回、日本円と人民元については決済通貨としてのみ認めた。

center_bn_premium

最新記事一覧