エーヤワディ管区でミャンマー初の大規模LNG火力発電所計画が進む

【社会】 2019111

 エーヤワディ管区においてミャンマーで初となる大規模LNG火力発電所の建設計画が進んでいることがわかった。同管区の電力・運輸・通信・工業担当のウイン・テー大臣の発表をThe Daily Eleven紙が伝えた。

 同発電所は燃料としてLNG(液体天然ガス)を使用するため、LNGを輸入するための深海港を建設し、パイプラインを敷設する必要があり、発電所の建設費用などを合わせる...

この記事はプレミアム会員の方がご覧になれます。
既にプレミアム会員の方は、ログインしてください。
プレミアム会員でない方は、会員登録(有料)してください。

center_bn_premium

最新記事一覧