中国の航空会社によるミャンマーへの乗り入れが相次ぐ

【経済】【観光】 2019110

 中国雲南省の瑞麗を拠点とする瑞麗航空(Ruili Airlines)がマンダレー路線を就航させることがわかった。7Day Daily紙が伝えた。

 発表によると、同社は中国雲南省・徳宏タイ族・チンポー族自治区の芒市(ぼうし)とミャンマー中部の商業都市マンダレーを結ぶ路線を12月25日から就航させる。当面、チャーター便として火、木、土の週3回運航させ、数か月以内に定期便に格上げするという。

 ミャンマー政府が中国人に対してアライバルビザを許可したため、中国の航空会社によるミャンマーへの乗り入れが相次いでいる。2018年に新たに就航したのは、深圳東海航空、九元航空、四川航空の3社。

center_bn_premium

最新記事一覧