ティラワ経済特区に3か月で5千万米ドル分の投資が流入

【経済】 2019109

 投資企業管理局(DICA)は、2018年10月から12月下旬までの約3か月間にティラワ経済特区に5千万米ドル分の投資が入ったと発表した。The Voice紙が伝えたもので、同局の高官は「主に運輸、通信、工業分野に新規の投資が入った。3か月で5千万米ドルに達している」とコメントした。

 ミャンマー・ティラワSEZ・ホールディングスによると、ティラワ経済特区には世界17か国から94社が進出し、58の工場が稼働を開始している。ゾーンAの土地リースは97%が契約済みという。これまで、1万人の雇用を創出し、すべて完成すれば4万人の雇用が創出される見込み。同社ではゾーン内に労働者用の宿舎、ショッピングモール、ホテルの建設を進めている。

center_bn_premium

最新記事一覧