シャン州の武装組織が和平協議の枠組みから離脱を検討か

【政治】【社会】 20181121

 ミャンマー政府が進めている国内の少数民族武装勢力との和平協議に暗雲が立ち込めている。シャン州の少数民族武装勢力であるシャン州復興評議会(RCSS)は国軍との間で見解の相違が生じているとして、和平協議の枠組みからの離脱を検討していることがわかった。The Voice紙が11月14日に伝えたもの。  RCSS側の発表によると、全土停戦協定(NCA)に含まれる停戦監視に関する記述の定義、特に停戦区域の設定に関して見解の相違が発生しているという。これに関して同武装勢力の幹部による緊急集会が行われ、国軍と直接話し合...

この記事はプレミアム会員の方がご覧になれます。
既にプレミアム会員の方は、ログインしてください。
プレミアム会員でない方は、会員登録(有料)してください。

center_bn_premium

最新記事一覧