ミャンマーの空港で入国拒否される外国人は毎月30~40人

【社会】 20181107

 ヤンゴン、マンダレーなどの国際空港で、入国を拒否され強制送還される外国人が毎月平均で30~40人いることが明らかになった。内務省、ミャンマー警察・国際犯罪部のアウン・テー・ミィン警察長官の発表をThe Voice紙が伝えた。

 これは同長官が11月1日に首都ネピドーで開催された「第12回アセアン大臣級国際犯罪撲滅会議」において発表したもので、国際犯罪者としてブラックリストに...

この記事はプレミアム会員の方がご覧になれます。
既にプレミアム会員の方は、ログインしてください。
プレミアム会員でない方は、会員登録してください。
(今なら初回に限り30日間完全無料・いつでも解約可能)

M-Tower

最新記事一覧