輸入品にミャンマー語表記を義務化、6か月後に施行開始

【社会】【経済】 20181106

 経済・貿易省が主導する消費者保護中央委員会は10月26日、輸入品に対してミャンマー語表記を義務付けると発表した。The Daily Eleven紙が伝えた。  発表によると、消費者保護法第31条(イ)項に基づき同委員会が命令書を発布したもので、発布の日から6か月後(2019年4月26日)に施行される。命令書によると、外国から輸入される9つのカテゴリーに属する製品に対し...

この記事はプレミアム会員の方がご覧になれます。
既にプレミアム会員の方は、ログインしてください。
プレミアム会員でない方は、会員登録(有料)してください。

center_bn_premium

最新記事一覧