ミャンマー政府がガソリン200万トンを市場に放出

【社会】【経済】 20181008

 電力・エネルギー省、ミャンマー石油化学公社は、10月中にガソリン200万トンを市場に放出し小売店に卸すと発表した。同公社の発表をThe Daily Eleven紙が9月29日に伝えた。

 発表によると、ミャンマー石油化学公社が管理・運営するガソリン製油所(タンパヤーカン)で生産されたガソリンをミャンマー石油製品輸入・販売協会(MPTA...

この記事はプレミアム会員の方がご覧になれます。
既にプレミアム会員の方は、ログインしてください。
プレミアム会員でない方は、会員登録してください。
(今なら初回に限り30日間完全無料・いつでも解約可能)

M-Tower

最新記事一覧