少数民族武装グループが開発の工業団地計画、議会で承認

【政治】【経済】 20181003

 少数民族武装勢力のカレン民族同盟(KNU)と中国企業が共同で開発するティーキー工業団地の計画に関し、タニンダーリ管区議会議会が承認した。The Daily Eleven紙が9月29日に伝えた。  同工業団地は、タイ国境に隣接するタニンダーリ管区ダウェー県ティーキー地域の6,676エーカーの土地を開発するもの。開発主体は少数民族武装勢力の一つで政府と停戦...

この記事はプレミアム会員の方がご覧になれます。
既にプレミアム会員の方は、ログインしてください。
プレミアム会員でない方は、会員登録(有料)してください。

center_bn_premium

最新記事一覧