無許可で支店を開設のカンボーザ銀行、罰金を徴収

【企業】【社会】【経済】 2018920

 地場大手のカンボーザ銀行が、ミャンマー中央銀行の許可なく支店を開設していたことが明らかになり、罰金が課されることがわかった。中央銀行のソー・ミン副総裁の発表を7Day Daily紙が9月11日に伝えた。

 9月10日に行われた連邦議会の会議でソー・ミン副総裁は「5月に行った調査により、カンボーザ銀行は中央銀行の許可なく33支店を開設していた...

この記事はプレミアム会員の方がご覧になれます。
既にプレミアム会員の方は、ログインしてください。
プレミアム会員でない方は、会員登録してください。
(今なら初回に限り30日間完全無料・いつでも解約可能)

M-Tower

最新記事一覧