外資の小売・卸売業、販売可能品目を指定

【政治】【経済】 2018806

経済・貿易省は7月26日、外資の小売・卸売業に対して販売可能な24品目を指定した。外資に対する事実上の規制とみられる。7Day Daily紙が7月28日に伝えたもので、同省の発表によると、外資の小売・卸売業が取り扱える品目は衣料品、時計、化粧品、食品、日用品など24品目。国内の需給状況をみて取り扱える品目を再検討するという。許可される品目は国内で生産されたものに付加価値をつけて販売することを優先させなければならないと規定している。

...

この記事はプレミアム会員の方がご覧になれます。
既にプレミアム会員の方は、ログインしてください。
プレミアム会員でない方は、会員登録してください。
(今なら初回に限り30日間完全無料・いつでも解約可能)

center_bn_premium

最新記事一覧