委託販売の中古車、売れ残り分を没収と発表

【社会】【経済】 2018129

経済・貿易省は、委託販売契約により輸入された年式の古い中古車のうち、現在まで売れ残っているものを対象に、国家の財産として没収すると発表した。同省の発表をThe Voice紙が1月17日に伝えた。
同省は車販売ショールームの事業者に対し、年式が2000年以前のモデルについては300万Ks、2001年~2005年のモデルについては600万Ksの手数料を納めることにより、廃棄証明書(スリップ)なしでの販売を許可している(※ヤンゴン管区ナンバーは不可)。当初、2017年6月末を販売期限として設定したが、10月まで延期された。その後、2か月以上が経過しているが、これまで実際に没収したという事例は確認されていない。
中古車販売事業者の一人は「没収の対象となるような中古車はもうショールームには見当たらない。政府の発表は影響ないと思う」とコメントした。

center_bn_premium

最新記事一覧