ミャンマーの首都ネピドーで桜祭り

【イベント/セミナー】 2018123

日本・ミャンマー友好議員連盟(会長:逢沢一郎 衆議院議員/幹事長:渡辺博道 衆議院議員)およびミャンマーホテル観光省主催による「第2回桜祭りミャンマー」が1月14日、ネピドーで開催された。
当日は樋口建史・在ミャンマー日本大使やオウン・マウンホテル観光大臣が陽光桜の苗木を植樹、日本とミャンマーの友好の橋渡しの象徴としたいとした。陽光桜は不戦の誓いを志に、伯方の塩初代社長の故・高岡正明氏が約30年の歳月をかけて改良した環境適応能力に優れた新品種。
日本陽光桜交流協会は、2017年から2020年の間に、ミャンマー国際コンベンションセンターなど3か所に1,000本の植樹を行うという。
1801175.jpg

center_bn_premium

最新記事一覧