ミャンマーで右ハンドルの日本製中古車が値上がり

【経済】 20171019

2018年の車輸入政策で右ハンドル車の輸入が完全に禁止されるとの推測が広がっているため、国内の車市場で右ハンドルの日本製中古車の相場価格が軒並み100万Ksほど値上がりしていることが関係者の話によりわかった。The Voiceが10月10日に報じたもので、現在、中古車市場において人気の車種であるホンダ・フィットなど排気量が1300cc以下の車や、ダイハツ・ハイゼットなどの軽トラックが軒並み値上がりしているという。
2018年の車輸入政策は例年より早く発表される予定だったが、10月9日現在発表されていない。経済・貿易省の担当者は「現在、連邦政府の上層部に来年の車政策の原案を提出している」とコメントした。
一方、タイ政府はミャンマー国境付近の車置き場を2018年2月までに閉鎖し車の密輸を禁止すると発表したため、事業用トラックの相場価格も上昇している。

center_bn_premium

最新記事一覧