ティラワ経済特区への投資額が17億米ドルに

【経済】 2017811

ミャンマー・ジャパン・ティラワ・デベロップメント社(MJTD)の梁井社長は、ティラワ経済特区への投資額が17億米ドルに達したと発表した。
同社によると、400ヘクタールを開発するゾーンAには79社が進出済みで、来年完成予定のゾーンB(100ヘクタール)には5社がすでに予約済みという。
ゾーンAの分譲区画のうち80%以上が売約済みで、残っているのは10区画のみとなっている。
[7Day Daily] 2017/8/4

center_bn_premium

最新記事一覧