日本の協力によりミャンマーでうなぎの試験養殖を実施へ

【ローカル】 2017727

ミャンマーうなぎ協会は7月19日、日本とベトナムから技術協力を得てうなぎの試験養殖を実施すると発表した。
同協会のトー・ナンダー・ティン会長は「主に日本の技術を使用してうなぎの試験養殖を行う。場所はヤンゴン管区トゥンテー郡の5エーカーの農地を使う。農業省とヤンゴン管区に農地の利用許可を申請しており、試験養殖が成功すれば本格的に行う」とコメントした。
ミャンマー産うなぎの輸出高は例年12,000トンあったが、昨年は7,000トンに落ち込んでいる。原因として、養殖方法に問題があることや、天然うなぎの乱獲が挙げられている。
[The Voice] 2017/7/20

center_bn_premium

最新記事一覧