ミャンマー中央銀行、民間銀行に対し融資額の上限を設定

【経済】 2017721

ミャンマー中央銀行は、民間銀行の企業に対する融資額の上限を設定した。
中央銀行の7月10日付の通達によると、民間銀行が企業一社に対する融資額は銀行の資本金の20%を上限とし、融資総額は資本金の8倍を超えてはならないと定められている。
中央銀行の担当者は「この規則は以前からあったが、一部緩和した部分があったので再度発令したもの。民間銀行は3カ月に1度、大型の融資案件について中央銀行に報告しなければならない」とコメントした。
[The Voice] 2017/7/12

center_bn_premium

最新記事一覧