ティン・チョー大統領、ミャンマーの会計年度変更を提案

【政治】【経済】 2017719

ティン・チョー大統領は7月7日、来年度から会計年度の制度を変更したいと提案した。大統領公邸で行われた国家財政委員会で発言したもの。ミャンマーの会計年度は日本と同じく毎年4月1日から翌年の3月31日までの期間となっているが、大統領はこれを10月1日から翌年の9月30日までに変更したいとしている。
大統領は「4月1日を会計年度の始めにするとすぐに雨季に入るため、建設業界の大型プロジェクトなどで工事が4か月ほど停滞、これが経済に悪影響を及ぼしている」と説明した。過去にアウン・サン・スー・チー国家顧問も、同様の発言をしている。
経済専門家は「急に制度を変更すると、国家予算の運営や企業の会計に混乱をきたす恐れがある」と懸念を表明した。
[7Day Daily] 2017/7/10

center_bn_premium

最新記事一覧