米・ウーバー、ミャンマーのタクシー配車事業に参入

【社会】【経済】 2017518

米国のウーバー・テクノロジーズが、ミャンマーのタクシー配車事業に参入することが明らかになった。このサービスは、利用者が専用アプリをダウンロードして登録し、アプリから配車を依頼するもの。近くを走行しているタクシーが、利用者の指定する場所に到着する仕組み。同様のサービスは地場のOway Ride、Hello Cabs、シンガポール系のGrabが運用しているが、米国大手の配車サービス事業者が参入するのは初めて。

Oway Rideのチョー・ミン・スェー取締役は「国内の業者がサービスを充実させるために努力して...

この記事はプレミアム会員の方がご覧になれます。
既にプレミアム会員の方は、ログインしてください。
プレミアム会員でない方は、会員登録してください。
(今なら初回に限り30日間完全無料・いつでも解約可能)

center_bn_premium

最新記事一覧