ミャンマー新投資法の施行細則で合弁会社の外資比率を80%まで許可

【政治】【経済】 2017427

ミャンマー投資企業管理局(DICA)は、新投資法の施行細則で外国企業と地場企業による合弁会社の出資率に関し、外資の割合を80%まで許可すると発表した。
同局のサン・ミィン副総局長は「外資比率を80%まで許可したが、すべての分野に許可されるわけではない。施行細則で合弁事業が認められた事業に関しては80%まで許可さ...

この記事はプレミアム会員の方がご覧になれます。
既にプレミアム会員の方は、ログインしてください。
プレミアム会員でない方は、会員登録してください。
(今なら初回に限り30日間完全無料・いつでも解約可能)

center_bn_premium

最新記事一覧