ミャンマー政府が中国と原油供給契約に調印

【政治】【経済】 2017425

中国に訪問していたティン・チョー大統領が、中国石油天然気集団と原油供給契約に調印したことがわかった。
中国はミャンマーのヤカイン州チャウピューにあるマデージュン港からマグェー管区、マンダレー管区、シャン州を横断する原油パイプライン(直径32インチ)を2015年に完成させた。ミャンマー国内のパイプラインの全長は771キロ、年間送油量は2,200万トンで、ミャンマー側が49.1%、中国側が50.9%を出資している。マデージュン港の整備や、2200万ガロン分の原油タンク12基、原油パ...

この記事はプレミアム会員の方がご覧になれます。
既にプレミアム会員の方は、ログインしてください。
プレミアム会員でない方は、会員登録してください。
(今なら初回に限り30日間完全無料・いつでも解約可能)

M-Tower

最新記事一覧