委託販売方式の輸入車、廃棄証明なしで販売を許可=ミャンマー政府

【政治】【社会】【経済】 2017419

 ミャンマー政府は、委託販売方式により輸入され長期間在庫となっている車に関し、廃棄証明(スリップ)なしで販売を許可すると発表した。発表によると、年式が2000年までの車は300万Ks、2001年以降の車は600万Ksの手数料を支払えば、廃棄証明(スリップ)なしでライセンスを取得できる。
 
ある自動車販売ショールームの経営者は「今ある在庫は、6月末までに販売できなければ没収されてしまう。今回の措置は助かる」とコメントした。
 経済・貿易省は、委託販売方式により輸入された車の販売期限を2015年に1回、2016年に2回延期している。
[7Day Daily] 2017/4/7

center_bn_premium

最新記事一覧