ミャンマーがアジア欧州会合のホスト国に

【政治】 2017414

11月に開催が予定されているアジア欧州会合(ASEM)の第13回外相会合がネピドー市内で行われ、ミャンマーがホスト国となることが明らかになった。4月6日にミャンマーの外務省のチョー・ゼリャ次官が発表したもの。ミャンマーがASEMのホスト国になるのは初めて。
アジア欧州会合は、アジア側(21か国と1機関)、欧州側(30か国と1機関)の合計51か国と2機関によって構成されている。相互尊重と平等の精神に基づき、アジア・欧州両地域の協力関係を強化することを目的とし、政治、経済、社会・文化を3本の柱として、様々な活動が行われている。
[Myanmar Alinn] 2017/4/5

center_bn_premium

最新記事一覧