三菱商事、2020年までにミャンマーに総合病院を開院

【企業】【社会】 2017407

三菱商事は3月28日、ミャンマーに病院運営を行う合弁会社を設立し、2020年までにはヤンゴンに300床規模の総合病院を建設、運営すると発表した。総事業費は100億円。合弁会社にはミャンマーで病院運営、医薬品・医療機器の製造販売を行っているイー・シン・ホールディングスと食品輸入・農産物輸出、小売り、不動産、自動車輸入などの事業を行っているキャピタル・ダイヤモンド・スター・グループの2社合計で70%、三菱...

この記事はプレミアム会員の方がご覧になれます。
既にプレミアム会員の方は、ログインしてください。
プレミアム会員でない方は、会員登録してください。
(今なら初回に限り30日間完全無料・いつでも解約可能)

M-Tower

最新記事一覧