運輸・通信大臣、ミャンマー下院で地下鉄建設に関し言及

【政治】【社会】 2017228

運輸・通信省のタン・シン・マウン大臣は、日本政府と地下鉄の建設に関して話し合いを行ったと発言した。2月16日に行われた下院(人民代表院)議会後に記者団の質問に答えたもの。
同大臣は「ヤンゴン市内の交通渋滞は激しくなる一方だ。これを解決するため地下鉄を建設する計画がある。一方で、高架式の鉄道やモノレールを建設するアイデアもある」と語った。
同大臣によると、地下鉄のルートはヤンゴン中央駅からヤンゴン国際空港を結ぶもので、ヤンゴン市を南北に走る。バゴーに建設されるハンタワディ国際空港の完成に間に合うように鉄道計画を実現したいとしている。
[7Day Daily] 2017/2/17

center_bn_premium

最新記事一覧