ミャンマー第4の携帯キャリア、事業ライセンスの付与が遅延

【情報・通信】 2017106

第4の携帯キャリアとなるミャンマー・ナショナル・テレコム社(MNTH)とベトナムのヴィッテル(Viettel)の合弁会社への事業ライセンス(通信ライセンス)の付与が遅延していることが明らかになった。
ライセンス付与遅延の原因は、Viettelから事業ライセンス料の送金手続きが遅れているため。ライセンス料は保証金を合わせて2億米ドル。運輸・通信省は12月末までに事業ライセンスを付与する予定だったが、2017年1月以降にずれ込んだ。
この合弁会社は既存の通信タワーや光ファイバーケーブルなどをレンタルし、携帯電話事業を行う。国軍系のミャンマー・エコノミック・ホールディングが運営するMECTel携帯電話は同合弁会社の傘下に組み込まれる見込み。
[7Day Daily] 2016/12/31

VIETTEL.jpg

center_bn_premium

最新記事一覧