ミャンマー陸運局、スリップの高騰で別方法の自動車輸入を検討

【社会】【経済】 20161220

陸上運輸管理局は、代替の対象となる老朽化した自動車や、そのスリップ(廃棄証明書)の価格が高騰しているため、対策として別の方法により車を輸入できないかを検討していることがわかった。車輸入・関連業監督委員会の決定により実施される。
自動車輸入販売業のミョー・ジン・ウイン社長は「新たな方...

この記事はプレミアム会員の方がご覧になれます。
既にプレミアム会員の方は、ログインしてください。
プレミアム会員でない方は、会員登録してください。
(今なら初回に限り30日間完全無料・いつでも解約可能)

center_bn_premium

最新記事一覧