ミャンマー陸運局、スリップの高騰で別方法の自動車輸入を検討

【社会】【経済】 20161220

陸上運輸管理局は、代替の対象となる老朽化した自動車や、そのスリップ(廃棄証明書)の価格が高騰しているため、対策として別の方法により車を輸入できないかを検討していることがわかった。車輸入・関連業監督委員会の決定により実施される。
自動車輸入販売業のミョー・ジン・ウイン社長は「新たな方法により車が輸入できることは歓迎するが、政策の中身が発表されていないため何とも言えない。新政権に移行後、車政策が安定するのかはまだわからない」とコメントした。
車輸入・関連業監督委員会が委託販売方式で輸入された車の販売期限を6か月延長したため、スリップの価格はやや下落している。
[The Voice] 2016/12/12

center_bn_premium

最新記事一覧