米国投資家がミャンマー政府に対し投資保護協定の締結を要望

【政治】【経済】 20161024

米国大手企業などの投資家が、ミャンマー政府に対し投資保護協定の締結を望んでいることがわかった。ミャンマー投資委員会のアウン・ナイン・ウー事務総長が10月12日に発表したもの。
同事務総長は「2012年に制定された外国投資法は、投資家の保護に関しての規定が含まれていない。ミャンマーのようにインフラや法整備が不十分な国...

この記事はプレミアム会員の方がご覧になれます。
既にプレミアム会員の方は、ログインしてください。
プレミアム会員でない方は、会員登録してください。
(今なら初回に限り30日間完全無料・いつでも解約可能)

center_bn_premium

最新記事一覧