イオンオレンジ、ミャンマー1号店オープン

【プレスリリース】【企業】【経済】 2016930

イオンオレンジは9月30日、ヤンゴン市北部の北オッカラパ地区に、ミャンマーでのイオン1号店となる「イオンオレンジ North Okkalapa店」をオープンする。旧オレンジ North Okkalapa店を閉店し、隣地に新設した売場面積613㎡の店舗を出店。店舗前には、14台分のダイレクトパーキングを新たに導入した。
同店は、事業開始後初の新設店舗。売場では、新鮮な果物や野菜をはじめとする生鮮食品を品揃えし、「タミンジョ(焼き飯)」「ヒン(カレー)」等のローカルフード、「巻寿司」「コロッケ」等の日本食、現地食材を使用したおにぎりなどのデリカや、焼き立てパンを展開する。
イオンオレンジは、クリエーション・ミャンマー・グループ・オブ・カンパニーズ(CMGC社)と設立した合弁会社「イオンオレンジ」を4月に設立し、CMGC社傘下のハイパーマート社が運営するスーパーマーケット14店舗を譲り受け、8月1日から事業を開始していた。

160930.jpg

center_bn_premium

最新記事一覧