Galaxy Note7、ミャンマーでも回収が進む

【情報・通信】【社会】 2016920

バッテリーの自然発火、爆発などの事故が相次いでいるSAMSUNGのスマートフォン「Galaxy Note7」は、ミャンマーでも回収作業が行われている。サムスン・ミャンマーでは、早急に同機種を購入した販売店に返還するよう呼び掛けている。
サムスン・ミャンマーは10月に新品を引き渡すと発表しているが、時期を明確にしていない。これまでミャンマー国内で販売された同機種は数百台とみられている。
カンボーザ銀行を通して予約販売を申し込んだユーザーは、9月7日から18日の間に支払った代金を払い戻すとしている。
[7Day Daily] 2016/9/13

160920.jpg

center_bn_premium

最新記事一覧