ミャンマー政府、後発開発途上国脱却のための委員会を設置

【政治】【経済】 2016919

ミャンマー政府は、後発開発途上国(LDC)の指定から脱却するため、副大統領をトップとする委員会を設置したことを明らかにした。計画・財務省のマウン・マウン・ウイン副大臣が9月8日に人民代表院で発表したもの。
同副大臣は「LDCから脱却するためには、国連が定めた3...

この記事はプレミアム会員の方がご覧になれます。
既にプレミアム会員の方は、ログインしてください。
プレミアム会員でない方は、会員登録してください。
(今なら初回に限り30日間完全無料・いつでも解約可能)

M-Tower

最新記事一覧