ミャンマー税関、自動通関システムの試験運用を開始

【経済】 2016809

輸出入の手続きの迅速化、簡素化を目的としたオンライン利用の自動通関システム(MACCS)の試験運用が8月から開始される。試験運用期間は3か月で11月から本格運用に移行する予定。
ミャンマー税関管理局のウイン・タン局長は「今は手作業で行っているため、時間がかかりミスも発生している。11月の本運用の前に3か月間試験運用を行い、問...

この記事はプレミアム会員の方がご覧になれます。
既にプレミアム会員の方は、ログインしてください。
プレミアム会員でない方は、会員登録してください。
(今なら初回に限り30日間完全無料・いつでも解約可能)

M-Tower

最新記事一覧