ミャンマー中央銀行、外銀4行に営業許可予備免許を交付

【国際】【経済】 2016311

ミャンマー中央銀行は、ベトナム投資開発銀行、インドステイト銀行、台湾の玉山商業銀行、韓国の新韓銀行の4行に対して支店開設に関する営業許可予備免許を交付すると発表した。4行はいずれも、各国においてミャンマーに支店を開設する最初の銀行となる。
今回の免許交付は、2014年10月の邦銀3行を含む6カ国の9行に続く第2弾。今後、12か月間の予備期間中に行われる審査等を経て、正式ライセンスが発行される。

center_bn_premium

最新記事一覧