ミャンマーで「一番搾り」 3月発売

【企業】 2016226

キリンホールディングスが過半数を出資するビール最大手のミャンマーブルワリーは、日本の一番搾りをベースにした「キリンイチバン」をミャンマーで発売する。3月末にドラフトビールとしてレストランの店頭で提供を開始。瓶や缶も順次投入する。

ヤンゴン郊外の工場で生産。一番搾りの製法を踏襲しながら、味や香りなどをミャンマーの消費者の口に合うように若干アレンジ...

この記事はプレミアム会員の方がご覧になれます。
既にプレミアム会員の方は、ログインしてください。
プレミアム会員でない方は、会員登録してください。
(今なら初回に限り30日間完全無料・いつでも解約可能)

M-Tower

最新記事一覧