ミャンマー政府がガソリン輸入・販売に再参入

【政治】【社会】 2015528

エネルギー省は、外国企業と共同でガソリンの輸入販売事業に再び参入すると発表した。 エネルギー省傘下のミャンマー石油製品販売公社は、2011年にガソリンの流通販売事業を民間に委譲していたが、市場の競争原理を強化するため再度参入することを決定した。
同公社のミン・ゾー局長は「2ヶ月以内に外国企業を対象に国際入札を実施する。対象企業は外国からガソリンの直...

この記事はプレミアム会員の方がご覧になれます。
既にプレミアム会員の方は、ログインしてください。
プレミアム会員でない方は、会員登録してください。
(今なら初回に限り30日間完全無料・いつでも解約可能)

center_bn_premium

最新記事一覧