ミャンマー郵電がEC事業に参入準備

【情報・通信】【社会】 2015421

ミャンマー郵電(MPT)が、今後需要の拡大が見込まれるeコマース事業に参入するための長期計画に入ったことが明らかになった。オンライン決済サービスの支援と商品配送が主な事業になる。
ミャンマー国内には郵便局が約1380ヶ所開設されており、「速達」サービスも開始予定としている。
あるオンラインショップの店員は「ヤンゴン市内では、交通渋滞のため配達遅延の問題に直面するだろう」と話した。
[The Voice]

center_bn_premium

最新記事一覧