ミャンマー企業初のタブレット、日本人プロデューサーが演出

【情報・通信】 2015401

ミャンマー企業初のタブレット型端末とされるGMDの「be tablet 10」の製品発表会が10日、ヤンゴンで行われた。
製品の総合プロデューサーとしてマーケティングを手掛けたのは、ラウド・マイノリティの堀田修司社長で、このタブレットのネーミングから、マ...

この記事はプレミアム会員の方がご覧になれます。
既にプレミアム会員の方は、ログインしてください。
プレミアム会員でない方は、会員登録してください。
(今なら初回に限り30日間完全無料・いつでも解約可能)

M-Tower_Ad1912

最新記事一覧