ミャンマー初の世界遺産登録 ピューの3都市

【国際】 2014703

UNESCO(国連教育科学文化機関)の第38回世界遺産委員会会議において、ミャンマー初の世界遺産としてピューの3都市(タイェーキッタヤー、ベイッタノー、ハンリン)が登録された。
ヤンゴンの北西約300kmにあるピューは、古代ピュー族のタイェーキッタヤー王朝の都として約2000年前に建設され、エーヤーワーディー川を臨む交通の...

この記事はプレミアム会員の方がご覧になれます。
既にプレミアム会員の方は、ログインしてください。
プレミアム会員でない方は、会員登録してください。
(今なら初回に限り30日間完全無料・いつでも解約可能)

center_bn_premium

最新記事一覧