ミャンマー水かけ祭り商戦に異変も

【ローカル】【社会】【経済】 2014428

ミャンマー進出企業にとってのメリットの一つに、祝祭日が少ないことがあげられる。
長期休暇は年に1回、水かけ祭りの期間のみ。今年は4月12日(土)から21日(月)の10日間、政府機関やほとんどのオフィスが休業した。
しかし、今年は年明け二日目にあたる18日から開店する商店が目立った。また、年末の水かけ祭り期間中も一部レストランや地元商店は時間短縮で営業していた。
ヤンゴンダウンタウンの商店会長は「外国人旅行者が増え、水祭り中でも食料品店やレストランのニーズは高い」「従業員は帰省させたが、今年から親類で営業することにした。」という。
都市部での経済成長は、年末年始の様子をも変えつつある。

center_bn_premium

最新記事一覧