ティラワ経済特区の土地借用、5月から17社により開始

【経済】 2014402

日本・香港をはじめオーストラリア・中国などの17社が、ティラワ経済特区に事業提案書を提出し、5月から土地借用が開始される。
経済開発区2400ヘクタールのうち早期計画はおよそ400ヘクタールで、2015年中にも事業が開始される見込み。
日本からは縫製業(衣料・靴・カバン)の進出が多く、雇用の創出も期待されている。
ヤンゴンから20km、タンリンとチャウタン地区の間に位置するティラワでは、プロジェクトによる住民の立ち退き保証や雇用問題などが生じ、電気・水・インフラ整備も急務となっている。

center_bn_premium

最新記事一覧