ヤンゴンで続々開催される展示会~今回は建築・水・エネルギー~

【企業】【経済】 20131127

建築技術・材料などを扱う111.jpg
「MYANBUILD 2013」、排水産業など水関連の製品を紹介・展示する「MYANWATER 2013」、エネルギー技術・機械を扱う「MYANENERGY2013」が、ヤンゴン市内のタマドホールで同時開催されている。
日系企業も数社出展している。マレーシアに拠点を持つ東芝電力流通システムアジア社は、ミャンマー含め東南アジアにおける事業拡大を目指す。
水処理関連で大手のクボタ浄化槽システムや荏原製作所は、先月の同会場で開催された展示会に引き続きの出展。
水処理機器を専門に扱う鶴見製作所はミャンマー展示会に初出展。現在アジアや欧米に現地法人や海外工場を持ち、新たにミャンマー市場を狙う。
11月26~28日までの3日間の開催で、初日から多くの人が駆けつけ、賑わいを見せている。

center_bn_premium

最新記事一覧