浄化水、防水害プロジェクトに日本が200万USドル支援

【国際】【社会】 20131125

ヤンゴン、マンダレー、モーラミャイン、パテイン、ラショー、モンユワの6つのモデル都市における水問題(上水道、浄化水、防水害など)と、貧困層削減に関するアジア開発銀行(ADB)のプロジェクトに対し、日本から200万USドルが支援されることが決定した。

この記事はプレミアム会員の方がご覧になれます。
既にプレミアム会員の方は、ログインしてください。
プレミアム会員でない方は、会員登録してください。
(今なら初回に限り30日間完全無料・いつでも解約可能)

M-Tower

最新記事一覧