Facebook、ミャンマー語コメント検閲のための人材雇用

【企業】【情報・通信】 20131108

SNS上での口論や攻撃などを監視するために、ミャンマー語を理解できる人材をFacebook社が雇用したとミャンマーICT発展協会(MIDO)が発表した。
多くの言語で自動的に検閲するプログラムも利用されているが、ミャンマー語を読解できる人材はおらず、UNICODEを使用していないため読み取りもできない。
なお、雇用された人材の国籍等は明らかにされていない。

center_bn_premium

最新記事一覧