来年のASEAN、ミャンマーが議長国に

【国際】 20131011

ブルネイで行われていたASEAN(東南アジア諸国連合)の一連の首脳会議は10日閉幕し、閉幕式でブルネイのボルキア国王からミャンマーのテイン・セイン大統領に議長国の引き継ぎが行われた。
テイン・セイン大統領はあいさつで、「地域の平和と繁栄のため、われわれは結束することが大切だ」と述べて議長国就任への決意を示した。
ASEANは加盟国が1年ごとの輪番制で議長国を務める。ミャンマーはもともと、2006年に議長国になる予定だったが、当時の軍事政権による民主化勢力への弾圧などを理由に辞退を迫られた。

center_bn_premium

最新記事一覧