日本企業G-7ホールディングス社、ミャンマーで食品と車の事業を開始

【企業】【経済】 2013806

日本企業のG-7ホールディングス社は、ミャンマーで食品製造販売や自動車関連サービスを行うため、食品関連はG-7 Food Myanmar Co.,Ltd、自動車関連はG-7 Auto Myanmar Co.,Ltdを設立し、7月11日に投資・企業指令部門に登録した。
日本の親会社にあたるG-7食品システム社とG-7オートサービス社は、G-7ホールディングス社の子会社。G-7食品システム社は食物を製造販売し、G-7オートサービス社は自動車用部品の製造販売と自動車タイヤの製造販売をしている。
G-7ホールディングス社は1976年に設立、本社は兵庫県神戸市。資本金17億8,570万円。

center_bn_premium

最新記事一覧