化石所持の日本人観光客マンダレーの空港にて取り調べ

【社会】 2013716

6月24日午前、マンダレー管区・バガンニャウンウー空港で、日本人旅行者が化石と思われる物を所持していたため、空港の係員が捕まえ、取り調べを受けていたことがわかった。
24日、エアバガン航空の午前8時30分発 マンダレー行の便に乗る予定だった日本人旅行者は、古代動物の化石と思われる5つの歯穴入りの長さ7インチ・幅3インチの下顎、長さ6.5インチ・幅3.5インチの臼歯、長...

この記事はプレミアム会員の方がご覧になれます。
既にプレミアム会員の方は、ログインしてください。
プレミアム会員でない方は、会員登録してください。
(今なら初回に限り30日間完全無料・いつでも解約可能)

center_bn_premium

最新記事一覧