2013年の世界観光賞で推薦受けたミャンマーホテル一覧発表

【国際】【経済】 2013712

2013年世界観光賞を前に、推薦されたミャンマーのホテル一覧をワールドトラベルアワード(World Travel Awards)の公式ウェブサイトで発表した。
World Travel Awardsは世界中の観光業、ホテルや観光地域、空港、観光エージェント、空港会社、自動車レンタル、レジャー船、港など観光業者による投票で、毎年授与する観光業の最高賞の1つ。アジア、ヨーロッパなどエリアによる賞のほか、1国により賞種類を区別している。ミャンマーから推薦する主なビジネスホテルはChatrium、Parkroyal、Sedona Hotel Yangon、Tradersなど。
ミャンマーの推薦する大手ホテルはChatrium、Sedona Hotel Yangon、Red Canal Mandalay、Kandawgyi Palace、Mandalay Hill Resort、The Governor’s Residence、The Strandなど。ミャンマーの推薦する大手リゾートはRed Canal Mandalay、Mandalay Hill Resort、The Strand、Inya Lake、Myanmar Treasure Beach Resort Ngwe Saung、Sedona Hotel Mandalayなど。なお、ミャンマーを含めアジア地域からは6月から投票ができ、期限は今年9月1日まで。 ミャンマーのChatriumホテルは、2004年から2007年まで(Nikko Royal Lake Yangonという名で)ミャンマー大手ホテル賞を得ている。Sedona Hotel Yangonは2008年から2012年までにミャンマー大手ホテル賞を獲得。Park Royal Yangonは、ミャンマーの主なビジネスホテル賞を2012年に得ている。ミャンマーでは2012年から賞の種類が増え、今年2013年には3種類になっている。
また公式ウェブサイトの情報によれば、ワールドトラベルアワードは1993年に設立。各地域や国の受賞者は、今年の年末に開催予定のグランドファイナルで最終決定される。

center_bn_premium

最新記事一覧