大和総研が新たなミャンマー出資 家畜・漁場関連企業の将来性に着目

【マーケット】【企業】【経済】 2013710

『7DAY NEWS』紙によると、大和証券グループ本社傘下の大和総研が、家畜や漁場を行うミャンマー国内企業に出資すると伝えた。
大和総研はミャンマーにおいて初の、株式市場に上場するため中央銀行と2004年に契約を交わした企業。
同総研の常務と副常務が今年5月末、ミャンマー家畜・漁場連合会を訪れたという。「この産業は毎年6億USドルを創出する事業のため、国内...

この記事はプレミアム会員の方がご覧になれます。
既にプレミアム会員の方は、ログインしてください。
プレミアム会員でない方は、会員登録してください。
(今なら初回に限り30日間完全無料・いつでも解約可能)

center_bn_premium

最新記事一覧