韓国KIA社が自動車ショールーム マンダレーやネピドーに続々と

【企業】【経済】 2013709

『ELEVEN』紙によると、韓国KIA社がマンダレーやネピドーに、新車販売の自動車ショールームを再び開設するとSuper Seven Star Motors Industry Co.Ltdの総務は語った。「マンダレーやネピドーに新しくショールームを開くよう調整している。KIA社の世界標準サービスを提供する」と同総務。
Super Seven Star Co.Ltd(SSS社)はKIA社のミャンマー代理企業として2012年9月から許可を取得、今年5月にヤンゴンで初の自動車ショールームを開設した。現在までにSSS自動車ショールームを、ヤンゴンやマンダレー、ネピドー、タウンジー、ピィー、メックティラ、ラショーなどの都市に開き、SSS社をはじめKIA社、Hyundai社, Foton社, King Long社などの自動車を販売している。
KIA社のサービスやパーツ部品売場はSSS社サービスセンターと一緒に行う。KIA社は韓国で2番目に大きい自動車企業で世界でも有数のブランド。170カ国以上の国に車を販売し、昨年2012年は160万台車を売り上げた。
KIA社は1944年、韓国・ソウル市に設立。KIA社の株価33.99パーセントを韓国のHyundaiが持ち、2012年の売り上げは424.5億USドル。「ミャンマーでは現在まで、韓国製の自動車は市場に少ないシェアだが、KIA社がミャンマーへ公式参入した後はKIA社のSUV車の使用が増え、シェアも向上した」と同総務が語った。
なお、現在SSS社で売っているKIA社の車種はCerato、Quoris、Optima、Picanto、Rio、Sorento、Sportage、Mohave、Soul、K2700など。

center_bn_premium

最新記事一覧